松阪牛伝承

旨さの秘密は「脂」にあり。松阪牛

松阪牛伝承のメイン画像

高級食材とし知られる「松阪牛」。その美味しさの秘密は「脂」にあります。

旨さの秘密は「脂」にあり。松阪牛

高級肉の代名詞「松阪牛」、その美味しさの秘密は「脂」にあると言われています。

松阪牛は他の牛肉に比べると、脂が溶け出す温度(融点)が低いのが特徴で、手で持っただけでも脂が溶け出します。

よく「口の中で溶ける…」なんてテレビのグルメレポーターが言ってますが、松阪牛は口に入れただけで旨味を持った脂がとろけ出すのです。

この溶けやすい脂特有の柔らかさこそ、他の牛肉にはない松阪牛ならではの美味しさの秘密なんです。

さしの入った松阪牛をステーキにすると、熱が加わったことで脂の部分が溶け出し、周りの過網の部分も柔らかくなります。

この柔らかさが松阪牛だけがもつまろやかな旨味を演出します。

また、牛肉特有の鼻につく匂いもなく、肉本来の香りが楽しめます。

また「ココロを掴む松阪牛ナビ」でも記載があるとおり、すき焼きにするというのも味わい方の一つです。

松阪牛が美味しいのにはれっきとした理由があるんです。

理由があるからこそ…高いのです。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright 松阪牛伝承>